1
2本目の記事になります。
前回、Google Play Musicがはじまった時に記事を書いたのですが、それの続きになります。

料金比較
まずは、料金から。Androidで使える定額配信サービスになります。
LINE Music→月額1000~1080円 学割600円
PlayMusic→月額980円 10月18日までに登録だと780円
Amazon Prime Music→年額3900円(月額換算325円 他特典あり)

一番安いのはAmazonプライム。やっぱり年額+他特典ありなのでプライムビデオやお急ぎ便も使うとしたら、月あたり実質150~200円程度になるのでは。

アプリの出来
アプリの出来は正直なところ、LINE Musicは論外です。
五分五分の勝負をしているのがやはり天下のAmazonとPlayMusicといったところでしょうか。

対応端末の違い
LINEMUSIC、はスマホ、タブレット+Webのみ。
PlayMusicは、スマホ、タブレット+Web+Android TVだった気がします。もしかしたらChromeCastも対応してたかも。
PrimeMusicは、Fireタブレット+スマホ、タブレット+FireTV+Web+PCソフトとたくさんの配信方法があります。

スマホを使う勢としては、どの配信サービスでもいいんでしょうけど、特にPCを使う人については格差が大きく感じます。
一番進んでるのは後発なだけあって、Amazon。WindowsとMac用に対応ソフトを出しています。

品揃え
ここが一番大事ですよね。上の部分はほぼ前座だったと思います。
今回はPlay Musicの時と同じようにレーベルごとに配信されている楽曲をまとめていきたいと思います。
基本的には前回と同じ曲目でサーチしていきます。

レーベル所属アーティストの参考にしたのは次のサイトです:ソニー系 その他

ソニー系レーベル(LINEMusic、PlayMusicあり)
SMEレコーズ、アニプレックス、デフスターレコーズ、ソニーレコーズ、gr8!records所属、MASTERSIX FOUNDATIONなどソニー系レーベルの曲は一切ありませんでした。
これは本当に大きな痛手になります。(ソニー系レーベルはフジ系アニメ枠のノイタミナを筆頭に過去の有名曲がたくさんあるため。)

ランティス
ZAQ・スフィア・nano.RIPE・ヒャダイン・ラブライブ系が所属します。
配信はなし。ただ、ランティスは他の定額配信でも配信されないので…。

キングレコード、スターチャイルドレコード(Playのみ配信あり)




ほかにも水樹奈々、田村ゆかり、小倉唯、ゆいかおり、宮野真守などを抱えていますがこちらは配信なし。

ポニーキャニオン(PlayMusicのみ定額)
紅蓮の弓矢
ポニーキャニオン
2013-07-10

創傷イノセンス
ポニーキャニオン
2014-04-23


PrimeMusicではほとんど取り扱いなしでした。というのも、なぜかけいおんや、ゆるゆりはないのですが、進撃の巨人系などごくごく一部だけがあったのです。

NBCユニバーサルエンターテインメント
やなぎなぎ・井口裕香などを抱えています。扱いはありません

ワーナー・ホーム・ビデオ
ロウきゅーぶ!、fripSideなどを抱えていますが、取り扱いはなし

フライング・ドッグ
PlayMusicでは単曲購入のみの取り扱いです。PrimeMusicでは取り扱いなし
AKINO、坂本真綾、May'n、野水いおりなどが所属しています。

avex entertainment(DIVE Ⅱ entertainment)(LINE MUSIC、PlayMusic配信あり)
ここはさすがにあるかなと思ったのですが全く無し
びっくりしました。

メディアファクトリー
鈴木このみなどを抱えていますが、配信はなし

日本コロムビア
アイマスをはじめ配信なし

じゃあ配信されているレーベルは?
ここまで散々な品揃えでしたが、どこのレーベルが配信されているのかと気になってきました。
アニメページからたどって配信されているレーベルを調べてみました。

アース・スター・レコーズ

アース・スター・エンターテイメント制作のアニメの曲のみの扱いですね。
ここ最近で言うと、ヤマノススメ、てーきゅうなどが配信されていました。メニメニマニマニがあるのがちょっと嬉しかった。

アニメ系じゃないところ
そに子のニトロプラスとか、同人の配信がポツポツありました。

ARiA
Headphone-Tokyo
2010-12-31


まとめ
他の定額配信サービスと比べ、月額換算の価格では激安なのですが、取り扱い楽曲がひどすぎる。
今のところ使えるのはPlayMusicがギリ使えるぐらいかなと思います。
ただ、同人の取り扱いはさすがAmazonといった感じがします。こちらを充実させればまた違った面で契約者が増えるのかもしれません。
プライムビデオが相当いい品揃えをしてただけに残念としか言いようがありません。

今回は、割りと適当な調査しかしていませんので、意見などありましたらお気軽にコメントまたはTwitterからご指摘ください。
毎回のことになりますが間違っていたから、3900円返せはナシでお願いします。

ぼちぼち追記していきますので、明日見ると新しい情報になっているかもしれません。